トナーの買取を希望する人は必ずチェック!トナー買取時のポイントなどをご紹介

このサイトでは、不要になったトナーの処分を検討されている方に向けて、買取に出す際の大事なポイントを解説していきます。 またこのサイトでは、売却する際に1本からでも査定が受けられることについても解説します。無料で査定を受けて売却したい方はぜひ参考にしてみてください。 さらにこのサイトでは、できるだけスムーズな取引をしたいと思っている方に向けて、オンラインでのやり取りがおすすめな理由もお伝えしていきます。

トナーの買取を希望する人は必ずチェック!トナー買取時のポイントなどをご紹介

要らなくなったり、余ってしまったトナーを買取に出そうと思っている方は、まずは使用期限や箱の状態などをチェックしておきましょう。
高値で売りたいのであれば、使用期限を迎える前までに売りに出すのが大事なポイントです。
トナー買取は、1本からでも対応してもらえます。
複数本や大口での取引を歓迎している店舗も少なくありません。
無料で査定してもらえるところがほとんどなので、無駄なコストをかけずに現金化できます。
スピーディーな方法でトナーを買取してもらいたいのであれば、オンライン査定などのやり取りも視野に入れてみるとよいでしょう。

会社で不要になったトナーは捨てずに買取に出そう

多くの会社ではコピー機を導入していますが、コピー機に欠かせないトナーは使用済みのものをそのまま処分してしまっているというケースは非常に多いです。
しかしトナーは未使用のものなら専門業者に依頼することで買取に出すことができますし、使用済みの場合でも無料で回収してもらえるケースが多いです。
特に使用済みは一般ごみとして処分することができないので、特定の方法で処分する必要があり業者に依頼することで費用をかけずに廃棄することが可能です。
不要となった未使用品のトナーであれば専門業者に依頼する方法と、オークションサイトで売却する方法、メーカーに依頼をして回収する方法などがありますが、メーカー回収は無料で対応してもらえる分買取してもらうことができないため、少しでも買い取ってほしいと考えているならば専門業者に依頼をするかオークションサイトに出すようにしましょう。
使用済みの場合は、そのまま買い取ってもらうことはできませんが専門業者やメーカー回収に依頼をすることで無料で処分してくれるので安心です。

トナーはリサイクルショップでも買取可能

どこの会社や病院でも設置をされているアイテム、それはカラーコピー機です。
いまでは事務用品機材の王様とも呼ばれており、日本だけでなく世界各地で目にするものとなりました。
一見すると一度購入したら永遠に使えそうに思いますが、決してそうではありません。
消耗品とも言われるのは、トナーを毎月一回取り換える作業をするからです。
トナーとはインクを補充するバーの事をさしており、これはリサイクルショップでも買取を実施している品となります。
機械を入れ替えることもあるでしょうが、そのときはトナーと取り外して別途買取に出すことをおすすめします。
リサクルショップでも高いニーズを記録しているジャンク品で、会社などではあえてまとめて中古品を大量にストックをしているところもあるほど。
どの程度の価格で売れるのかを述べれば、一本2000円前後です。
通常、新品だと5万円近くもするので、リサイクル店で勝った方がトナーはお安くなります。

トナーだけの買取でも高額査定は期待できる

トナーだけを買取してもらおうと思っても高い金額では取引してもらえないだろうと期待せずにいる方が意外と多いですが、実は予想以上に高額査定をしてくれる可能性は十分にあると言えるので、希望を捨てずに不要になってしまったトナーを査定に出してみることは絶対にした方が良いでしょう。
高額査定を希望している場合、できる限りその条件に合ったトナーを持っていくことが必要になってくるのですが、気になる条件に関しては、できるだけ未使用で開封していない状態であることが一番高値で買取してもらえる好条件になっています。
また、今高額取引をしている人気の高いメーカーであること、純正品でメーカーが直々に製造した商品であることなども高く売れるポイントになってきます。
それと、キャノン・京セラ・OKIなどの商品であればセット売りにすることで1万円から2万円で取り引きされることも十分に考えられるので、バラバラで売るよりもそれぞれのカラーが揃ったセットにした方が高額の査定をしてもらいやすくなるのは確実です。

トナー買取は専門店に持っていくのがおすすめ

トナー買取ですが、専門店に持っていくことがおすすめです。
そんなことができるのかと思われるかもしれませんが、トナーを専門的に買い取っているお店は全国にありますし、仮に自宅から遠かったとしても郵送などの方法はあります。
トナーは一度購入すると相当に長期間にわたって使うことができますが、その一方で途中で使わなくなってしまうこともあるかもしれません。
今までは仕事で大量に印刷していたけれども、仕事のやり方が大きく変わってディスプレイに表示するとか電子的に送付することが通常となり、紙への印刷は激減したということもあります。
カラー印刷は見栄えが良いのでそれが可能なように導入したけれども、コストに見合うだけのパフォーマンスが十分に得られないと分かって基本的には黒一色での印刷にするよう推奨されることもあるでしょう。
このような理由で使わなくなったトナーがある場合、たとえ使いかけの中古品であっても専門店に持っていけば買い取ってもらえます。

トナー買取で事前にチェックするべきポイントとは?

コピー機を使用するうえで欠かせない部材、それはトナーです。カラーコピーが主流となった昨今では、とくに重要視をされる部品であり、これがないと正しく良いプリントを手にすることはできません。必ず毎月一回は取り換えるのも基本となるので、かなり維持費が掛かるのもポイントです。そして機材ごとに種類も変わるので、備品入れ替えをしたら不用品になるというのも、このトナーの特徴になります。もし要らないものがあったら、捨てるよりも買取を依頼するようにしましょう。コンパクトな品ではあるものの、結構な高値で売買をされるものです。簡単にトナー買取の概要で、事前にチェックをするべきポイントを述べます。それは、メーカーの確認と使用頻度になります。あくまでも消耗品であるため、正しく使えるものでないと買い取りはされていません。メーカー純正というのも基本なので、この二点を注視して、トナーの売買を依頼することになるので確認をします。

未使用トナーは高く買取してもらえる

インクトナーは、単体でも高額での買取が期待できるのが特徴です。中でも購入をしてから一度も使われていない、所謂未使用品は平均相場を上回る、高額査定が期待できると言われています。 未使用品のトナーの高額買取を実現するコツの一つがセット売りです。殆どの業者が1色からの対応を取っていますが、カラーが多い方が金額は高くなります。同じトナーでも、1色と4色で査定額に数万円の差が出るケースは珍しくありません。可能な限りセットでの処分を選択する必要があります。 メーカーも査定額に大きく影響するポイントの一つです。市場で低価格で販売されている商品は、保存状態が良い物であっても、高値は期待できません。お店側は引き取った商品を販売することで利益を得ているので、市場価格を上回る額で引き取りはできないというのが理由です。逆に市場での販売価格が高い、一流ブランドの機能性に優れているインクトナーであれば、1色でも査定の金額は期待できます。

トナー買取の情報を集める時は口コミが必要不可欠

トナーが余ったとき、それを現金化できるが買取店ですが、トナーを売ることができること自体知らない人も多いのではないでしょうか。一般的には、予備を用意しておくけれどもそれを買うのは既存の物がなくなり新しいものと交換したときに予備を用意するなどではないでしょうか。そのため、1度に大量のものを用意することは珍しいのですが、社員数が多い企業になると利用者数が多くなり、トナーの減り方も早くなるなどからケース単位などでまとめて仕入れるケースがあります。思っていたよりも利用頻度が減るなどで使用期限が短くなることもありますが、使用期限が短くなると売るときにも価格を下げないと売れなくなるなどからも対象外になることも少なくありません。初めて利用するときには相手先企業のいい値で取引するとなると、それが安いのが否かが分からない場合によっては損をしてしまうこともあるわけです。これらのことから、トナーの買取は口コミなどを使い相場や優良業者を把握することが大切です。

トナー買取に時間を割きたくない場合は出張買取り

トナー買取に時間をかけたくないという場合、出張買取りを依頼することもできます。自分自身でそのトナーをお店に持ち込んだり、郵送したりする手間がかからず、お店側の担当者が自宅とか自分の店舗まで出張してきてくれ、その場で手続きが全て完了しますのでわずらわしさがありません。代金はその場で受け取るか、場合によっては後日銀行振り込みなどの対応になることもあります。査定も行われますので、もし価格に納得できないという場合には断ることもできます。ただ、出張での対応になりますので、買い取りを行う側としてもそれなりのコストがかかることは理解しておかないといけません。それなりの数量が発生していることが前提となったり、地域についても全国どこでも対応できるわけではないケースも多くあります。査定額に関しても、人件費をまかなうことが必要になる以上は、自分で全て対応する場合と比較して安くなってしまう傾向にあることは事実です。

純正品トナー以外も買取は可能なのか?

純正品トナー以外も買取は可能なのでしょうか。これはお店側の考え方とか対応にもよりますが、可能となっているケースが多いようです。買い取ったトナーはどうなるのかと言えば、中古品扱いで再販売されることになるわけですが、これはそれを購入する人がいるからこそ成り立つ商売となります。純正の製品でないと購入したくないという人も中にはいることは事実ですが、そういう人は基本的には中古品ではなく新品を買いたいと考える人です。そもそも中古でよいと考えるからには、純正ではなく代用品であってもプリンター本体に特に影響を及ぼさない限りは別にさほど気にしないからでしょう。このように考えれば、十分に需要はあるわけですから、買い取りができない理由のほうがむしろありません。ただ、価格的に全く同じであれば純正品を選ぶ人が多いこともまた事実ですから、そういう意味では代用品であれば価格的には安くなってしまうことは多いのは致し方ないところです。

トナー買取の見積もりは電話やメールでOK

インクトナー買取を行っている業者では、見積もりの依頼を電話やメールで受け付けている所が非常に多いです。
電話でもメールでもどちらでも依頼の仕方は一緒で、買い取って欲しいトナーのメーカーや色、商品名(品番)、本体や外箱の保存状態、数量などといった業者側が指定する事項を伝えれば、買取価格を出してくれます。
申込者は、見積もりの内容を聞いて納得することができたら、トナーを業者が運営する店舗に持ち込むか、運送会社の配達員に集荷を依頼して届けてもらいましょう。
もし、買い取ってもらうときに、自身が居る場所の近くにパソコンやスマートフォンがあって操作することが可能なら、依頼はWebで行うようにすると良いです。
メールであれば、業者に伝えたい内容を文字で確認することができ、誤りも伝える前に訂正することができます。
業者によっては、公式Webサイト内に申し込みフォームを設置している場合があり、送信内容の入力作業が楽になります。

トナーはオフィス用品を扱う店で買取してもらおう

オフィス用AO機器の中でも頻繁に使うする複合コピー機のトナーは、消耗品であるため1度使用すると中古品扱いになります。
使い切れない場合に検討してほしいのが、オフィス用品専門買取です。
トナーは印刷するほど容量が減少していき、最終的にはコピーする際にエラー表示で教えてくれます。
最新の複合コピー機には容量表示機能がついているものも登場しており、残量を確認して廃棄するか査定に出してみるかを検討してみると良いでしょう。
オフィス用品専門買取ではトナーの残量に応じて査定額が決まるため、予めチェックしておくと良いでしょう。
コピー機の買い替えによって使わなくなる場合にも利用できるため、コピー機もまとめて買い取りするのが最善です。
トナーを手放すときは使用しているメーカーもチェックしておいてください。
コピー機によって使用できる型式が異なっており、シェアの多いものほど安定した査定額になる傾向があるので、無駄なく手放せます。

トナーを間違えて購入してしまったら買取依頼しよう

新型コロナウイルス感染症の影響で「おうち時間」が長くなったことにより、家の片付けに目覚めたという方は多いことでしょう。
そのような中で、不用品は捨てるのではなく買取に出すということを始めた方もいらっしゃるはずです。
自分にとっては不要なものでも、必要としている誰かの手に渡れば、使えるものを捨てずに済むという罪悪感も減り、また環境への負荷低減にもなります。
そして買取に依頼に出すものは、何も個人で使用しているものだけではなくともよいのです。
たとえば業務用トナーなども、誤って購入した場合には売りに出されてはいかがでしょうか。
トナーの購入間違えというのは意外に多いものです。
プリンターはコピー機によって使用できるトナーは異なりますが、似たような型番であったり、トナーの形状が似ていると間違えて購入する方もいらしゃるものです。
そのようなときに、もちろん交換に出せるものは交換したほうがいいものですが、購入箇所によっては交換できない場合もあります。
そのようなときは買い取りに出しましょう。

トナー買取は即日現金化可能なのか?

トナー買取は、店舗を所有していて店頭で受け付けている業者であれば、即日で現金化可能です。
店舗に買い取ってほしいトナーを外箱や付属品などとともに持ち込めば、すぐに査定が行われて価格が出され、金額に納得できればその場で現金で支払われます。
出張買取の場合も同様で、業者に訪問してもらったその日のうちに代金の支払いを現金で受けることができます。
注意が必要なのは、宅配業者を通じた買い取りを選ぶ場合です。
この方法を選ぶと、現金化までには数日を要します。
品物が業者のもとに到着するまでの日数は宅配会社のシステムに依存しており、少なくともまでに1日以上の日数はかかります。
また、代金は銀行振込という形で支払われることになります。
これが、現金化までにある程度時間がかかる理由です。
ただし、業者によっては品物が届いたその日のうちに査定から代金払い込みの処理まで行ってくれる場合があるので、はやく現金化したいのであればそのような業者を利用しましょう。

引越しや廃業で使わなくなったトナーは買取でお金にしよう

SDGsという言葉が話題になったことと、コロナ禍でおうち時間が長くなったこと、また経済の悪化により、自分がいらなくなったと思ったものでも、実はどこかで使える可能性に気付いたという方も多いはずです。
特にオークションやフリマアプリの活用の幅は広く、これを収入源にしているという方や、ちょっとした副業に活用しているという方もいらっしゃるほどです。
もちろん使えないものを使えると偽り売買するのは法にも抵触するような行為ですが、誤って購入してしまい新品同様のトナーやインク、また店舗を廃業することになったり引越しで使わなくなったものは買取に出すのがおすすめです。
トラブルが少ないのは、トナー買い取り専門の業者に依頼することですが、手元にある不要なトナーが1、2本であればフリマアプリを活用するのもおすすめです。
そうして現金が手元に増えれば、引っ越しの費用にもあてられる上に、必要なくなったものが手放せてお得です。

不用になったトナーはオンライン完結型の買取り店の利用がお得です

コピー機、大型複合機で使われるトナーがありますが、消耗品になることからまとめ買いをしているオフィスなども珍しいことではありません。ところが、後に廃業したりコピー機や大型複合機が壊れたことで新品に買い替えを行った場合では、まとめ買いをしてストックしていたトナーは使えなくなります。この場合は廃棄処分をしてしまうのではなく、オンライン完結型の買取り専門店があるので、インターネットから探すことが最善策です。未使用品でメーカー純正品であれば、高価買取りを行っている専門店も多く、トナーの型番による違いはあるものの、1個で3,000円台から10,000円を大きく超える価値が付けられています。オンラン完結側の場合は、型番と個数を専門店側に伝える方法や、LINE査定を受けることで査定額を知ることができます。肝心なトナーはサイト上で指定された住所に対し、着払いで配送会社に依頼をする方法になるので、送料も掛からずに利用できるお得さもあります。

買取を依頼したいトナーがたくさんあるなら出張買取に対応する業者がお勧め

自宅や事務所の中に保管されているトナーが大量にあり、使用する予定がない場合、買取サービスを利用して処分したいのであれば、出張買取に対応した業者の中から依頼先を選ぶことをお勧めします。 通常の店頭での買取依頼の場合、依頼者が大量のトナーを業者が運営する店舗に持ち込むのは、自家用車がなければ大変です。所有する車を使って自分自身で店舗までトナーを持っていこうとしても、途中でトラブルに遭遇して品物にキズや汚れがついてしまうと、店内での査定でマイナスに評価されて価格が下がってしまうおそれがあります。しかし、出張買取に対応している業者に依頼をすれば、希望の日時に訪問してきた専門スタッフにより、その場で品物が査定され、買い取ってもらうことを決めた場合の代金も原則その場で現金で受け取ることができます。買い取られたトナーも、訪問してきたスタッフが持ち帰ってくれます。スタッフの出張時の移動や査定作業の際にかかる費用が請求されることはなく、依頼者はノーリスクで利用することが可能です。

トナーの高額買取を実現するために重要なのは品物の保管状態

トナーの買取を行っている業者に保管してあるトナーを売却したい場合に、高い値段で買い取って欲しいと考える人は少なくありません。高額での買取を希望している場合に重要となる要素はいくつかありますが、その中でも特に重要といえるのはなんといっても保管状態です。高く買い取ってもらうには、当然のことながらできるだけ良好な保管状態を保つことがポイントになります。 トナーの保存状態が良好であるといえるのは、品物が新品もしくはそれに近い状態であると言い換えることができます。これを実現するためには、高温多湿の場所や直射日光があたりやすい場所、磁気のある場所に保管しないこと、地面や床に対して水平な状態で保管することが重要です。もし、すでに使用済みであれば、カートリッジの汚れを丁寧に拭き取ってから保管しましょう。 また、カートリッジ本体以外に付属しているものがある場合、本体と付属品が入れられていた箱も含めてすべて取っておくことも大事です。付属品と箱についても、トナーカートリッジと同等にきれいな状態で保存しておくよう努めましょう。

トナーカートリッジの買取を個人売買で行う

レーザープリンターや複写機で印刷を行う際に使用するトナーカートリッジが不要になった場合、専門店に買取をしてもらうほかに個人売買を利用して譲り渡すことも可能です。 近年ではスマートフォンの普及に応じてフリマアプリやインターネットオークションの利用率も高まっており、プリンターのカートリッジも売買されています。アプリの使い方に慣れていれば時間を掛けずに買い取ってもらうことができるため非常に便利ですが、一方でデメリットもあることを知っておくべきです。 専門店に買取を依頼する場合、店側はトナーカートリッジの実物を見て、状態を確認してから金額を提示します。しかし、個人売買では出品者である自分が掲載する画像のみで相手が状態を判断するため、状態の程度に齟齬が生じる場合があります。また、個人は専門店と比べて知識が浅く、色の表現力が低かったり長期保管において劣化しやすいといったトナーカートリッジの特性を知らない場合があり、トラブルの原因となるため注意が必要です。

トナーの買取を行う時はインターネットで専門店の有無の確認を

このご時世なので自宅で仕事を行う人が少しずつ増えていますが、その際色々な製品を使うはずです。パソコンやスマートフォンはもちろんですし、電話にFAX、タブレットにコピー機、プリンターなんかも使うでしょう。 その中でもコピー機とプリンターは相当使う機会があるので、中のトナーがどんどん減っていきます。完全に無くなると交換する必要が出てきますが、空になったトナーの処分に意外と困るでしょう。そこで専用のサービスに依頼をし、空のトナーの買取をまとめてしてもらってください。 ちなみに買取を行う際はインターネットを活用し、専門店の有無の確認を行いましょう。もし納得の行く価格で引き取ってくれる会社が見つかれば、パソコンなどで速やかに買い取ってもらう手続きに入ると良いです。会社によっては送るために必要な梱包セットを配送してくれる場合もあるので、要らなくなったトナーを入れて送ります。後日引き取り価格が決定するので、必要なやり取りを完了させれば大丈夫です。

トナーに関する情報サイト
トナー買取時のポイント

このサイトでは、不要になったトナーの処分を検討されている方に向けて、買取に出す際の大事なポイントを解説していきます。 またこのサイトでは、売却する際に1本からでも査定が受けられることについても解説します。無料で査定を受けて売却したい方はぜひ参考にしてみてください。 さらにこのサイトでは、できるだけスムーズな取引をしたいと思っている方に向けて、オンラインでのやり取りがおすすめな理由もお伝えしていきます。

Search

更新情報